イメージ画像

今すぐお金を借りる必要がある方必見。安全・安心してスマホから365日、24時間お申し込みできるカードローン一覧。

やっぱりカードローン?色々な方法でお金を借りる

いろいろな場面で、わたしたちは「お金を借りたい」と思うことがあります。少額なら、家族や知り合いから借りることが多いでしょう。しかし、何十万もとなると、そう簡単にはいきません。でも、意外とそういう時が多いものです。その時になって慌ててもどうしようもありません。そんな時どうすればいいか、少し考えてみましょう。

4月は入学の時期、高校や大学に入学する子供を持つ親は、入学金や下宿代などをどうやってひねり出そうかと頭を痛めるものです。こういう時の強い味方が「教育ローン」です。「教育ローン」は「国の教育ローン」と呼ばれる日本政策金融公庫の商品と、銀行などの金融機関が独自に販売している商品があります。金利も安く、教育関係なら使える範囲が広く設定されているローンもありますので、取引銀行などに相談されるといいでしょう。

用途に関係なく、今生活資金が必要なのだという場合はどうでしょうか。こんな時は、カードローンと呼ばれる商品が便利です。これらは銀行などの各金融機関で、いろいろな名称で発売されています。銀行ですから、金利が安く、「借り入れ金額が年収の3分の1以内」という規制もありません。その代わり、審査はやや厳しくなります。年齢制限があり、一定の収入がないと借りられません。ただ、専業主婦やアルバイトでも、条件を満たせば貸してもらえるところがほとんどです。これらは無担保・保証人なしで借りることが出来ますが、保証会社の保証を受けることが前提となります。

カードローンとよく似た商品に、フリーローンというのがありますが、こちらはカードローンより少し敷居が高いようです。カードローンはその名の通りカードを使って出し入れ自由なのに対し、フリーローンは一括で借り入れることになり、普通の生活資金として使うのには、あまり便利ではありません。しかも、使途は自由というものの、契約に際しては何に使うのかが分かる見積書や契約書などが必要とされるものもあります。名称が紛らわしいので、銀行などの資料をよく検討されてから申し込むといいでしょう。

用途がはっきりしている場合は、それぞれに専用のローンがあります。たとえば自動車ローンと呼ばれる商品がそうです。マイカーローンと言われる場合もあります。これにはさまざまな形態があり、自動車販売店で借りられるノンバンクのローンを組んだり、金融機関を紹介されたりすることもあるようです。販売店の紹介がない場合は自分で銀行に行かなければなりません。銀行で借りる場合は保証人や見積書が必要になります。金利は安いですが、店頭でノンバンクの信販会社によるローンを組むよりハードルは高くなります。

家を買うときも同じで、普通は住宅ローンを組むことになります。これも銀行や不動産関係の信販会社など多種多様な種類があります。当然新規に購入する場合はその建物が担保物件となります。保証会社の保証や年収による融資の制限などがあるのが普通です。銀行が保証会社を通さずに直接顧客に融資することもあります。状況によっては銀行ではなく、住宅金融支援機構(独立行政法人)からの融資を受けることも出来ます。

ここまでは、銀行などの公的金融機関の商品を主に取り上げてきました。しかし、銀行というのは意外と足を運びにくいところで、何か行くのが億劫になってしまいがちです。そこで、インターネットを使ったサービスが増えてきました。借入額が高額な住宅ローンや自動車ローンは別として、とくにカードローンと呼ばれる商品では、一度も窓口に行くことなくお金を借りることが出来るインターネットバンキングがたくさんあります。これを使えば、必要書類の郵送すら要らないところもあります。必要な書類はスキャンして送ればよく、大変スピーディーにお金を借りることが出来ます。即日融資も可能です。

さて、では、銀行以外に借りる手段はあるのでしょうか。先ほどは国のローンを取り上げましたが、国や市町村でカードローンの変わりになるような融資制度は、残念ながら存在しません。公的な支援は身体障害者などへの福祉資金として扱われているのが実情です。そのハードルはかなり高く、なかなか難しいところがあります。しかし、銀行では審査が厳しく、通りそうにないという方はどうすればいいのかというと、いわゆる消費者金融会社に頼むほかないでしょう。

消費者金融というと、以前は年利20数パーセントなどとんでもない金利設定があったようで、高金利であくどいイメージが強いかもしれませんが、近頃はそういうこともなくなりました。金利は法定金利以内ですから、銀行より少し高い程度です。大手の消費者金融会社はほとんどが銀行の傘下に入っていて、○○銀行消費者金融部門となっています。銀行系列ですから、安心して使うことが出来ます。当然のごとく、インターネットで全て完結してしまうことが多いので、ある意味気楽に申し込むことが出来ます。ネットが使えない場合は、店頭に行くか無人契約機を使うかしなければなりません。返済もインターネットやATMで出来るので、大変簡単です。

ただ、注意しなければならないのは、申込みが簡単なため、借り過ぎになりやすいことでしょう。また、増額も比較的楽にすることが出来ます。これも借り過ぎの一因になりかねませんので、気をつけましょう。もっとも無制限に貸すわけではありませんから、自分の収入を考えて借りるようにすれば大丈夫です。

お金を借りる方法はまだあります。皆さんはクレジットカードを持っておられますか?多い人は2枚以上持っているかもしれません。クレジットカードには、キャッシング機能を付けることが出来ます。クレジットカードでお金が借りられるわけです。カードを作るときにキャッシング枠を申し込めばいいだけで、これまたほとんどインターネットで作ることが出来ます。カードを作るときに本人確認書類や収入を証明する書類などが必要なのは、他の金融機関と変わりません。

いかがでしょうか。お金を借りる方法はそれぞれの用途に応じて数多く準備されていますね。いまや気楽にお金を借りることが出来る時代になったと言っていいでしょう。ただ、くれぐれも注意しなければならないのは、気楽になったからといって借りすぎないこと。これさえ気をつければ、どこで借りてもとくに問題はないでしょう。

お金借りるなら消費者金融?

銀行でお金を借りることが出来ない時は、どうしたらいいでしょうか。多くの方は消費者金融の会社を探すことになります。ところが一言で消費者金融といっても、さまざまな会社があります。日本貸金業協会という業界団体に加盟している会社なら安心できるでしょうが、全国で2000社近くもあります。大都市と地方で加盟社の数に大きな差があり、選択肢が少ない地方もあります。

以前は消費者金融といえば高金利で暴利をむさぼっているというイメージが強くありました。今では法律で最高金利が決められているので、かつてほど金利が高いということはありません。ただ、銀行と比べてみると若干高いようです。それでも、2~3%の違いといったところでしょうか。借り入れが小額の場合は、銀行とあまり違わないといっていいでしょう。

イメージがよくなかった消費者金融会社も、大手はほとんど銀行の系列会社になっていて、安心して利用することが出来るようになりました。インターネットを駆使し、一度も窓口に行くことなく契約を結ぶことも可能です。何となく気が重いという方には、うってつけです。もちろん、審査は銀行に比べると、かなり緩いといえるでしょう。

消費者金融からお金を借りる際に気をつけなければならないことは、意外とあっさりことが運ぶので、「じゃあ、別の会社でも」となり、多重債務になりやすいことです。お金が足りなくなったら、今借りているところで増額を考えるべきです。これさえ気をつければ、少額の借り入れにはとても重宝すること請け合いです。

お金借りるなら銀行?

銀行からお金を借りる場合のメリットは何でしょうか。その一つは金利が安い、ということでしょう。もっとも、いわゆる消費者金融の金利も法律の規制が強められ、昔ほどの高金利ではありません。でも、100万円借りて3%ほど金利が違うと、かなり大きなものになります。また、銀行だとけっこう安心感もあります。今では銀行の敷居も相当に低くなっていて、申し込みもインターネットで出来るところが多数です。

銀行のホームページを見ると、実に多くの商品(○○ローン)が並んでいます。気をつけなければならないのは、使途が決まっているローンと自由な使い道が出来るローンとがあることでしょう。マイカーローンとか住宅ローンとかがその代表格ですね。そのうち、わたしたちの生活に直結しているのは使途が自由なローンでしょう。

ある銀行のローン案内を見てみましょう。大きく分けて、「カードローン」「フリーローン」「目的別ローン」「住宅ローン」があげられています。また、それぞれの中に担保がいるもの(不動産担保など)と要らないものがあります。「カードローン」がもっとも一般的な借り入れのタイプといえますが、年齢制限があるので、とくに高齢者は要注意です。女性専用ローンや学生用のローンなども準備されています。カードローンにも、使途が決まっているもの(教育カードローンなど)があるので、気をつけましょう。

銀行ローンには、消費者金融に設定されている「年収の3分の1以内」という制限がありません。また、100万円(銀行によって異なる)以内だと収入証明書も要りません。窓口に行くことなく借り入れが出来るところもあり、まとまったお金が必要な時や複数の借り入れをまとめる時など、状況に応じて必要なタイプを選ぶといいでしょう。

上記のお金を借りる関連の情報は以下のお金を借りるKINGから一部引用しています。
http://お金を借りるking.net/

このページの先頭へ