学生がお金を借りる

学生がお金を借りる…よくあるのは友人から借りることでしょう。でも、返済した、しないで友人関係にひびが入ることもありえます。すぐに返す当てがあるならまだしも、はっきりした当てがないときは、借りる方も心苦しい。となると、銀行のローンが確実かな、となりますが、なかなか思うようにはいきません。

いろいろな銀行のローンを見てみますと、使い道が自由なフリーローン(銀行によって名称は異なる)では、学生は申し込めないところとそうでないところがあります。利用したい銀行のホームページや窓口でよく確かめないと思い通りにならないかもしれませんので、注意しましょう。ただ、利用できる場合も、「継続して収入のあること」が条件になっています。審査の時に、長期のアルバイトか、短期なのかで通るかどうかが決まるのではないでしょうか。

フリーローンでなければ、銀行によっては学生専用のローン(授業料など学校生活にしか使えない)を準備しているところがあります。金利もかなり安いので、検討してみるのもいいでしょう。ただし、その多くは親などの保証人が必要となり、「親には内緒で」というわけにはいきません。

こういった銀行のローンが使えないときは、いわゆる消費者金融に頼るほかありません。こちらは年齢制限や収入制限があるもの、審査は格段にゆるく、よほどもことがない限りお金を借りることが出来るでしょう。学生というのは勉学に励むのが基本ですから、収入もないし、当然返済する余裕もないと考えられますが、アルバイトなどできちんとした収入があれば、一つの選択肢だといえます。

このページの先頭へ