専業主婦がお金を借りる

近頃では銀行ローンでも「専業主婦でも借りられます」という謳い文句が増えてきました。専業主婦に収入はありえません。では、どうして貸してくれるのでしょうか。それは、商品の詳しい説明を見るとわかってきます。この説明は、ホームページにはっきり書かれている場合と、説明書をダウンロードする場合があります。銀行によって違うようです。

専業主婦O.K.とあるので、「わたしは大丈夫だ」と思うとがっかりすることがあるので注意しましょう。ほとんどの銀行では専業主婦の場合、「配偶者に収入のある専業主婦」という条件がついています。また、借り入れ限度額が少額(例えば30万円以内など)に設定されているところもあります。しかし、専業主婦というだけで断られることはありえないでしょう。

配偶者の年収が少なかったり、不定期だったりするとこれらのローンは申し込むことが出来ません。銀行としては必ず返済されるという保証がない限り、簡単に貸してはくれないものです。また、専業主婦に限らず年齢制限が設けられていることが多いので、説明書をよく読むことが重要です。

当然のことですが、本人確認書類などは専業主婦であっても、特別な指定はなく全て同じです。高額のローンでなければ収入証明も必要ないので、配偶者にきちんとした収入があれば銀行ローンを組むのも選択肢の一つでしょう。しかし、何らかの理由で銀行ローンを断られた場合は、消費者金融に頼るほかありません。

このページの先頭へ